backache

ぎっくり腰

こんなお悩みありませんか?

accident_img02
  • 頻繁にぎっくり腰を起こしてしまう
  • 急にギクッとなり動けなくなってしまった
  • 痛くて寝返りが出来ない
  • 腰を前にも後ろにも倒すことができない
  • 立ち上がるときに腰が痛い

ぎっくり腰はなぜ起こるの?

急に腰が痛くなって動けなくなること、動くと痛くなることなどをぎっくり腰といいますが、
実はぎっくり腰とは総称で、本来は、腰部の関節捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症のことになります。

強い捻挫(ねんざ)を起こしたのと同じ状態なので、腰の捻挫ともいわれています。

backache_img05

ぎっくり腰の主な原因

急なぎっくり腰は、動作をしようとした際に、腰を支える靭帯や筋肉に急に負担がかかって断裂(靭帯や筋肉がちぎれている状態)し、神経を刺激して痛みが生じている状態です。

急な腰の痛みで病院へ行くと、腰椎がずれたことによって炎症が起きているといわれたり、椎間板が痛みを出しているから安静にしていてといわれたりしますね。

backache_img04

「重い物を持ち上げようとした時に痛みが出た」という声をよく聞きますが、他にもぎっくり腰が起こるケースはさまざまです。

  • 少しお辞儀をしただけ
  • ただ立ち上がろうとしただけ
  • 顔を洗うとき
  • イスに腰かけて横や後ろのものを取ろうとしたとき
  • 朝起き上がろうとした際に
  • 中腰になろうとしたとき

これらの共通点は、何かの動作開始時に起こるということです。ぎっくり腰は、日常生活の何気ない動作で、誰にでも起こりうる可能性があります。

骨盤の歪みも原因!?

ぎっくり腰を起こしやすい人、起こしにくい人には共通点があります。

ぎっくり腰を起こしにくい人

  • 身体の状態が良く、健康な人
  • 十分な運動をして睡眠をとっている
  • バランスの良い食事をしている

ぎっくり腰が起こりやすい人

身体の状態が悪く、不健康な人

身体の状態はさまざまですが、ぎっくり腰には歪み、筋肉の硬さ、柔軟性などが関係が深く関係しています。

特に原因として影響が強いものは、骨盤の歪みです。
骨盤に歪みが出ると、姿勢や全身の骨や筋肉のバランスが崩れてしまいます。
その結果、骨や筋肉、関節に負担がかかりやすくなってしまうのです。

この状態を放置しておくと、骨や筋肉、関節の負担がかかりやすくなった
部位(ぎっくり腰が起きやすい人の場合は腰)にどんどん負担がかかってしまい、
身体の自然回復力では回復しない状態になってしまいます。

backache_img06

さらに血流も悪くなり、筋肉に必要な栄養や酸素が不足してしまいます。
そして、筋肉が正常に機能しないと、自然と力を抜くことができず筋肉が硬くなり、さらに血流を悪くしてしまうという負の連鎖が起こってしまうのです。

その結果、何気ない動作をした時の強い緊張で、筋肉がつってしまう状態になってしまいます。

このような場合は、マッサージなどで筋肉をほぐすだけではぎっくり腰を改善することはできません。ほぐすだけでは負担がかかりやすくなり、ぎっくり腰の起きやすい状態を改善しているわけではないからです。

本当にぎっくり腰が起きない身体をつくろうと思ったら、
その痛みが出た根本の原因である「骨盤の歪み」をとってあげることが必要になってくるのです。

ぎっくり腰の施術法

①お身体チェック

当院では、まず患者様のお身体の状態を確認させていただきます。
可動域や痛みの確認なども最初のカウンセリングでしっかりと行います。

また、骨盤の歪みも確認させていただき、歪みがあればまずはその歪みの改善から行っていきます。
当院の骨盤矯正は腰を「グキッ」とやるのではなく、
患者様の呼吸に合わせてゆっくり治していくため痛くはございません。ご安心ください。

②筋肉緊張緩和

次に、筋肉の修復を促し、血流の促進を行い筋肉の緊張を緩めます。
当院では様々な電気器具も使って施術を行います。

③再発予防指導

また、筋肉の柔軟性や筋肉の強化も行い、ぎっくり腰が再発しにくい身体を作っていけるように予防改善していきます。

ぎっくり腰は、放っておくと、くせになってしまいやすいですので、痛みを感じたらそのままにせず、お気軽に当院にご相談ください。

患者様のお声

F.S様
ぎっくり腰になり整形外科に何回も通いましたがよくならず、
webで見つけたこちらに通い始めて4回目ぐらいで良くなって本当に軽くなりました。
また並行して鍼治療もしていただいたり、電気の器具も使っていただき、歩くのが本当に楽になりました。
鍼は痛いという思い込みがありましたが、ほとんど痛みというものはなく、うっていただくときに本当に効くという感じがありました。

M.M様
ぎっくり腰になってしまい、家の近くの整骨院を探しておりここを見つけました。
初めての整骨院でドキドキでした。担当の方はとても親身になって話を聞いて下さり良かったです。
問題の痛みは骨盤矯正と電気治療をやって治りました!
今後も急な体の痛みが起きないように教えてもらったストレッチ法をやっていきます。

S.S様
ぎっくり腰になり、友人の紹介で来院いたしました。当初は前傾姿勢でそろそろ歩くような状態でした。
毎日通院し、骨盤矯正と電気治療を施術していただきました。併せてテーピングしていただいたことで大変楽になりました。
連日の通院を一週間続けたことでかなり回復し、一週間後には姿勢までよくなりました。

※効果には個人差があります。体験談は個人の感想です。

坐骨神経痛

こんなお悩みありませんか?

backache_img07
  • しばらく歩くと足が痛み歩けなくなる
  • いつもお尻に痛み、しびれがある
  • 安静にしていても、お尻や足に痛みがある
  • 腰を動かすと足の痛みが強くなる
  • 腰がおもだるくてお尻の横をたたくと気持ちが良い
  • 身体をかがめると足の痛みやしびれが強くなる
  • 骨の変形による坐骨神経痛と診断された

坐骨神経痛はなぜ起こるの?

坐骨神経痛とは

坐骨神経は、腰の骨から足にかけて伸びている神経のことです。
この坐骨神経がなんらかの原因によって、圧迫・刺激されることで現れる痛みやしびれの症状のことを坐骨神経痛といいます。
多くの場合、腰痛に続いて発症し、お尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれが起こります。
腰椎の変形からくる神経の圧迫、神経の出口であるお尻の筋肉の圧迫などが原因であることが多いです。

坐骨神経痛の
原因とされているもの

腰部脊柱管狭窄症

  • 椎間板が加齢などにより変形し断裂して起こります。
  • 背筋を伸ばして立っていたりすると太ももや膝から下にシビレや痛みが出て力が入りにくく、歩きづらくなります。
  • もっとも特徴的なのは間欠性跛行で、歩行と休憩を繰り返しながらでないと歩けない症状です。
  • 前かがみになったり座ったりするとシビレや痛みが軽減されます。腰痛はありますがあまり強くはなく、安静にしていれば症状は出にくいです。
  • 背骨を後ろに反らすと痛みが出やすくなるので腰は反らないよう前に曲げるストレッチを行うと良いです。

腰椎椎間板ヘルニア

  • 椎間板は背骨のクッションの役割をしていて、その一部が出てきて神経を圧迫し症状が出てきます。
  • 姿勢の悪さや喫煙が原因となります。
  • 長時間同じ姿勢を取らないようにしたり、物を持ち上げたりするときは中腰や体を捻らず腰を落として持ち上げるように気をつけてください。

梨状筋症候群

  • 梨状筋はお尻のインナーマッスルで骨盤から太ももにつく筋肉です。
  • お尻から足にかけて、シビレと痛みが発生します。
  • 特に座っている時や、身体(お尻周り)が硬くなった時に痛みが強くなることが特徴です。
  • 筋肉による症状を和らげるためのストレッチが効果的です。座っている状態で片足を反対の太ももにのせ、そのまま身体を前にゆっくり曲げるなど、さまざまなストレッチがあります。
backache_img03

座りっぱなし、立ちっぱなしの仕事では、知らず知らずのうちに常に筋肉が緊張状態にある場合があります。
筋肉の緊張状態が続いてしまうと、老廃物が溜まってしまい、坐骨神経への刺激も続き、悪化すると他の部分にも痛みやしびれなどが出る原因にもなります。

足にシビレや痛み、腰に不調を感じたら、悪化する前にできるだけ早めにご相談いただくことをオススメします。
当院では骨盤矯正をメインに施術させてもらいます。
骨盤矯正をすることにより身体のバランスがとれて血流もよくなります。

坐骨神経痛の施術法

①お身体チェック

まず患者様のお身体の状態を確認させていただきます。
その後、筋肉の緊張を改善していくために、当院では身体の土台である骨盤の矯正を行います。
それと同時に身体の柱となる背骨の矯正も行い、骨格全体を整えて姿勢やバランスを正しくしてあげます。

②筋肉へアプローチ

さらに、その正しい状態を維持するために筋肉へアプローチしていきます。
そうすることで、元に戻りにくい身体を作ります。

③ストレッチ指導

筋肉は日常生活で使用するため、どうしても緊張状態になりやすいです。施術だけではなくご自宅で行えるストレッチなどもお伝えさせていただきます。
坐骨神経痛ですと保険は適用できませんが当院の根本治療でしっかり治療させていただきます。

また、筋力トレーニング機械「楽トレ」も完備しているので、根本治療と併用して行うとより早期の回復に繋がります。
坐骨神経痛でお悩みの方はぜひご来院ください。

患者様のお声

F.M様
おしりの痛みに悩まされていました。
これは何とかしないと将来動けなくなるのではないかと不安になり、ネットでさがしてここに来ました。
まだ1ヶ月経っていないので体の変化を感じるまでにはなっていませんが、
意識をすることができ心なしか体のシルエットがすっきりしたような気がします。
まだまだ試してみたいものもあります。来るのが楽しみです。

※効果には個人差があります。体験談は個人の感想です。

TOP